【創業支援コラム】余裕資金の準備

余裕資金の準備

 今年も残すところ、わずかとなってしまいましたね。
 本年も、いろいろな方からお問い合わせをいただきました。心より感謝を申し上げます。

 会社を設立したい、あわせてその後の税務・会計業務を依頼したい、個人事業にしたらいいか、法人にしたらいいか迷っています、というご相談や、会社を設立して会計事務所を決めていなっかったので相談したい、など様々なお問い合わせをいただきました。

 また、お客様の要請で株式会社を設立しないと取引できないから、早急に株式会社の設立をお願いします、というお問い合わせもございました。
 さらに、会計事務所が母体となって運営しています、とお電話でお話ししたところ、会社設立後も税務・会計も引き続き依頼できてよかった、という嬉しいお声もいただきました。

 そして、現在個人事業を経営されていて、会社にするタイミングを見計らっているという方もいらっしゃいました。消費税の納税が発生する前に会社を作るとメリットがある、というお話は、多くの方に喜ばれたことのひとつです。

 お問い合わせをくださる方は、20代の方から、ご年配の方まで、本当に幅広い年齢層の方々です。

 お問い合わせをいただいて私どもがびっくりしたことがひとつあります。それは、設立の資本金の他に、余裕資金を個人で準備されている方が多いということです。このことは、非常に驚かされました。
 もちろん、制度融資を利用したいという方もいらっしゃいますが、開業前に計画的に事業資金をためていらっしゃる方が本当に多いです。

 開業前に計画的に事業資金をためるということは、会社設立後に、ゆとりを持った経営ができます。

 今年最後のコラムとなりますが、これをご覧くださるあなた様へ、創業時期をスムーズに乗り切るためにも、資本金と余裕資金を準備しておくことが、本当に大切なことであるといえます。

 

八王子の税理士による創業支援コラムの最新記事

起業家のための無料相談受付中!0120-772-392

サポートメニュー一覧

資金について相談したい!

会社設立について相談したい!

経営・税務会計について相談したい!

新着情報

ページ上部へ戻る