補助金サポート

これから開業する方(した方)!第二創業する方(した方)!200万円がもらえる創業補助金をご存知ですか?

創業時に狙える補助金とは?

新たに創業(第二創業を含む)を行う方に対して、その創業等に要する経費の一部を助成するために「創業促進補助金」という補助金があります。

創業促進補助金は新たな需要や雇用の創出等を促し、日本経済を活性化させることを目的としています。 

補助金をご相談の方は、社会保険労務士の先生をご紹介いたします。

 

創業促進補助金の概要

(1)創業者

補助該当者:新たな需要を創造する新商品・サービスを提供する創業希望者や創業者
補助対象経費:店舗借入費や設備費等の創業に要する費用の一部

受給額:最大200万円

 

(2)第2創業者

補助該当者:事業継承を契機に既存の不採算部門を廃業し、新分野に挑戦する等の第2創業者
補助対象経費:人件費や設備費等(廃業登記や法手続き費用、在庫処分費等廃業コストを含む)に要する費用の一部

受給額:最大1,000万円

 

2015年度の「創業・第二創業促進補助金」募集は終了致しました

残念ながら、2015年度の創業補助金の公募期間は終了致しました。

創業補助金の公募は終了致しましたが、融資・その他助成金・補助金を活用した資金調達をご検討の方は当事務所までお気軽にご相談ください。

 

※下記、2015年度の「創業・第二創業促進補助金」公募情報を掲載致します

(1)平成26年度補正予算事業枠 ⇒ 平成27年3月初旬から募集開始! 

公募期間:平成27年3月2日(月) ~ 平成27年3月31日(火) (締切日17時必着)

(2)平成27年度予算事業枠 ⇒ 平成27年4月初旬から募集開始!

公募期間:平成27年4月13日(月)~平成27年5月8日(金) (締切日17時必着)

「(2)平成27年度予算事業枠」では、産業競争力強化法に基づく認定市区町村(第5回認定に向けて申請している市区町村を含む)での創業のみを対象としますのでご注意ください!

 

1.「平成27年度予算事業枠」で東京都で申請対象となる「創業地域(認定市区町村)」

・文京区
・台東区
・墨田区
・江東区
・品川区
・大田区
・中野区
・杉並区
・豊島区
・荒川区
・板橋区
・練馬区
・足立区
・江戸川区
・八王子市
・立川市
・武蔵野市
・三鷹市
・青梅市
・府中市
・昭島市
・調布市
・町田市
・小金井市
・小平市
・日野市
・東大和市
・多摩市

 

2.東京都で「第5回認定に向けて申請している市区町村」

・北区
・国分寺市
・国立市
・福生市
・東久留米市

※第5回認定に向けて申請している市区町村での創業を予定しており、当該市区町村が認定されなかった場合は、採択の対象となりません

 

創業促進補助金の申請は経営革新等支援機関へ!

創業促進補助金の申請は、国が認定する「経営革新等支援機関」の支援を受けなければなりません。
当事務所は中小企業庁より認定を受けている「経営革新等支援機関」です。 

>>経営革新等支援機関について詳しくはコチラ

2015年度の公募期間は終了してしまいましたが、創業促進補助金について知りたい方、資金調達にお悩みの方は、ぜひ一度当事務所にご相談ください。

 

補助金サポート料金

完全成功報酬型:着手金0円+成功報酬20%
※最下限報酬:200,000円~

起業家のための無料相談受付中!0120-772-392

サポートメニュー一覧

資金について相談したい!

会社設立について相談したい!

経営・税務会計について相談したい!

新着情報

ページ上部へ戻る