【創業支援コラム】設立にはしっかりとした準備を

設立にはしっかりとした準備を

「株式会社を設立したいのですが、資本金をいくらにしたらいいのでしょうか」
というご相談をよくお受けします。

まず、建築業、運送業で許認可が必要な場合には、500万円は資本金として必要になります。
次に、許認可が必要でない場合には、可能でしたら300万円をご用意くださるようにお願いしています。
なぜなら、約10年前までは、有限会社の設立に、最低300万円が必要であったからです。
現在は、新しく有限会社は設立できなくなりました。
しかし、現在、会社は資本金1円から設立できます。
とはいえ、個人的には、100万円はご用意いただいた方がよいと思います。

会社設立後には、本当に資金が必要とされます。
起業後、すぐにお客様と取引ができたとしても、入金されるのは、1ヵ月後から場合によっては2か月後になることが多いです。
ですから、資本金というよりも、会社設立後の運営資金として、100万円は本当に必要になってきます。

株式会社設立後、会社の登記簿謄本(履歴事項証明書)には、「資本金の額」が記載されます。そして、この登記簿謄本は、法務局で、所定の手数料を払えば誰でも取得することができます。
その登記簿謄本に記載される、最初の「資本金の額」とは、言うなれば、会社設立の際に株主から集まったお金の合計額という意味です。

どのようなことをするにせよ、すべての場合には、お金が必要となります。ですから、会社設立前にまず、お金をきちんと貯めるということは、大切なことです。
そして、お金を貯めるのであれば、いつまでに、いくら貯める、という目標をもったほうがいいと思います。

お金を貯めるということは、収入を増やすことと、支出を抑えることです。これらのことを同時にやるには、工夫と努力が必要となります。工夫をするということは、なんらかのイメージを持たないとできないものです。

会社設立前に、工夫と努力で資本金を貯めることは、会社設立後のスム-ズな運営だけではなく、目標の設定、そして達成感を感じとる意味でも、とても有意義なことです。

とはいえ、会社設立とは、ゴールではなく、ひとつの新たなスタ-トです。
会社を設立して、社長の夢・目標を達成させていき、充足感を感じることが本当の意味でのゴールになると考えています。

八王子の税理士による創業支援コラムの最新記事

起業家のための無料相談受付中!0120-772-392

サポートメニュー一覧

資金について相談したい!

会社設立について相談したい!

経営・税務会計について相談したい!

新着情報

ページ上部へ戻る