【創業支援コラム】良い企業

良い企業

 創業を決断し、これから良い企業にしていこうと、多くの経営者は考えています。良い企業とは、具体的にどのようなことなのかを考えてみます。

 良い企業とは何でしょうか。
 それは、次の3つを満たすことができる企業であると思います。
 1 お客様に喜ばれる商品やサービスを提供している企業
 2 その企業で働いているメンバーが幸せである企業
 3 高収益企業
 これらの条件が、すべてクリアされている必要があります。どれか一つでも欠けていると良い企業とはいえないと思います。

 まず、第1のお客様に喜ばれる商品やサービスを提供している企業、ということです。
 これは、その企業が事業を通じて、お客様に喜んでもらい、しいては社会貢献をしていくということです。
 そのためには、商品やサービスの価格、質が、同業他社ときちんと差別化できているかどうかということが問われます。お客様は、価値を感じることのできる商品・サービスであれば、喜んで対価を支払います。

 第2は、その企業で働いているメンバーが幸せである企業、ということです。
 具体的には、その企業で働くメンバーが、価値ある業務に従事しているという、やりがい感、生きがい感を感じているかどうかということです。
 そして、働くメンバーが価値ある存在として感謝されているというやりがい感、生きがい感を心から感じることができれば、最高であると思います。
 やりがい感・生きがい感といことは、働くことの根源的な役割を果たすものといえます。

 第3は、高収益企業であるということです。
 高収益とは、様々な考え方があります。
 営業利益率が20パーセントを目標にしたらいい、という方もいます。
 私は、「一人当たりの粗利益率1,000万円」を目指してほしいと思います。
 先の、第1、第2の条件がクリアできると。必然的にこの第3の高収益企業は実現できると思います。

 創業を決断し、会社を設立したら、あるいは、個人事業を開業したら、良い企業をぜひ目指していただきたいと思います。

 

八王子の税理士による創業支援コラムの最新記事

起業家のための無料相談受付中!0120-772-392

サポートメニュー一覧

資金について相談したい!

会社設立について相談したい!

経営・税務会計について相談したい!

新着情報

ページ上部へ戻る